2013年8月18日日曜日

オバQビルについて私が知っている2、3のことなど

 ひさしぶりに更新。四谷から代官町を抜けて神保町までくる途中にちょっとだけ寄ってみました。そう、取り壊しが決まって漫画家さんたちの落書きが話題になっている小学館ビルです。数十人の人たちが窓の外から見ていましたが、ニュースで伝えられているとおり8月24日、25にはロビーの中に入って見学できるとのこと。すばらしい企画です。


 実は、このビルって私にとっては特別の思い出があります。いまの仕事になってからも、業界のつながりで数回おとずれていますが、20年以上前、小学館ビルの上のほうの階には数理計画やCACなどソフトハウスが入っていたのですね。1階は、昔っからJTB。地下1階には喫茶店のTOPやレストランの七條。いや懐かしい。そういえば、地下のスタジオ(?)でヤマダマサミが怪獣本のジオラマを作るのを見物したこともあった。


 私が、せっせと通いはじめた頃、すでに都営6号線(現在の三田線)の上に立つ剛構造ビルというのはどうなのだとか、土台は木であるとか言われていましたが、真相のほどは定かではありません。学生運動はなやかかりし頃には、残業していると、角材にタオルとヘルメットの学生と機動隊がガチガチやりながら9階まで階段を上がってきたこともあったとか。ちなみに、いちばん共立女子学園側の窓からは道をはさんで向こう側にプールが見えるという立地は、小学館の出版物で明らかにされることはなかったかと思います。






 この風景も9月以降は見れなくなる。


2012年5月30日水曜日

昼のマリナビーチは諸星大二郎の世界

「マリナビーチは行くといいよ」

と、インド、チェンナイに旅行に行くと言ったらお勧めされたんだけど、ここだけは正直あまり期待していなかった。ベンガル湾に面した浜辺なんだけど、昼間は40度Cという気温、日が落ちて少し涼しくなったところで人々が集まってくるところと聞いていたからだ。

ただ騒々しいだけで、風景も平凡だろうし楽しめないと想像していたのだ。ところが、たまたま日が上がっている時間に来たら、諸星大二郎のマンガで地平線かち先はマンガの原稿用紙の空白以外ないような世界が待っていました。

砂の上だから自転車を押す。

砂浜は最大1キロもあるそうです。

熱いのに遊んでる。

売っているものはいたって普通。コカコーラ売ってるけどインドはペプシが強いそうですね。

後にあるのは人力のメリーゴーランド。


船の跡・・・。

船の残骸・・・。

TATAドコモの広告カー(!)がありました。

引きが強くすぐ深くなるので本格的に泳ぐ人はいないとか(サメもいるらしい)。

客もいないのに人力遊具を回している少女がいました。

基本、モノを運ぶのは自転車。

飲み物やスナックを売るお店はこんな体裁。

これ何でしょう? トイレ? 「TITANIC」とは?

世界共通ですね。こういうの。

夕方にそなえて少しずつ準備中。

料理の準備中。干してあるのはトウガラシ?

あちこらにあるインド名物の人力観覧車。

またしばらくしたら帰たくなると思います。

ずっといたい気分になりましたが、帰ってこれなくなるといやなのでやめました。


地図:マリナビーチ
Wikipedia:Marina Beach


2012年5月21日月曜日

このブログについて

東京カレー日記」というブログを2006年2月から書いていたのですが、このたび「東京カレー日記ii」と題名を変えつつ引越しをしたのですね。要するに「週刊アスキーPLUS」の連載コラムの1つになってしまったわけです。